VINTAGE

Hans J.Wegner GE-259 Daybed sofa Oak GETAMA / ハンス・ウェグナー デイベッド ソファ オーク丸脚 ゲタマ ビンテージ北欧家具

ハンスウェグナー GE259 丸脚のオーク材

ハンスウェグナーのデイベッドの最新の在庫状況は下記をご覧ください。
→ 次回入荷予定やストックのご紹介ページ
→ 現在展示中の商品や過去販売分のご紹介ページ

ハンスウェグナーのデザインによるGETAMA(ゲタマ)社製ビンテージのGE259デイベッド。素材はオーク材。脚は丸脚です。

背もたれを上げて頂くと、直ぐにベッドとしてもお使い頂ける作り。
ゴロっと横になってテレビを見たり、本を読んだりお昼寝したりと、とても快適なソファ。
またソファ時には、背もたれ後ろの空間にブランケットやクッション、枕やシーツなども収納して頂ける便利な作りです。

■木部メンテナンス済み。
木部は、乾拭き・水拭きにて、毎日のお手入れをして頂けるように仕上げております。(日々のお手入れでオイルを塗り重ねる必要はありません)

*ビンテージ商品のご購入の注意点とお届けまでの流れについて。ビンテージ商品のご購入の注意点とお届けまでの流れ

 

それぞれの画像はクリックをして頂きますと、より大きい画像をご覧頂けます。(もしご不明な点が御座いましたら、より詳しい画像をお送りしたり、ご説明をさせて頂きますので、どの商品もお気軽にお問い合わせください。)

写真の張地は、当時のオリジナルのままです。ご購入を頂いたお客様のご希望の生地に張替を行い、お届け致しました。

ハンスウェグナー GE259 丸脚のオーク材

GE259デイベッドの正面

ベッド時の状態

横に寝転がった時にも気持ちよくお使い頂けるように、グレーの塗装部分は、再仕上を行い、綺麗にいたしました。
また、各所の取り付けの位置を細かく微調整して、背もたれの上げ下げがスムーズになるように動作や構造も含めてメンテナンスを行っております。

背もたれは再塗装を行い綺麗にしました。

現在、フラットバネカバーは仮留めの状態です。
このままオリジナルのカバーを再利用してきちんと張り直したり、新たに作製も可能です。

マット下のバネカバー

側面1

側面2

天板全体

天板詳細1

天板詳細2

天板詳細3

斜め後ろから

木部表面の汚れを少し落として上からオイルを塗るだけですと簡単に仕上がりますが、それでは沢山小傷が残ってしまったり、色むらや輪ジミ、凹みなどもそのままの為、当店では、一度、バラバラに分解を行い、出来る限りの木部の傷落としや凹みの戻しなどを行ったうえで再仕上げを行っております。

ただ、今回は、完全には黒ずみを落せなかったり小傷が残ってしまっておりますので、当初の予定価格よりもお安くしております。

表面のオーク部分は綺麗ではありますが、いつもの仕上がりよりも少しビンテージの雰囲気も感じて頂ける状態です。

左側面

左側面正面

写真では分かり難いですが、よく見ますと、小傷が残っております。

傷詳細1

傷詳細2

傷詳細3

傷詳細4

中距離から

すこし黒ずみも残っております。

色むら

左後ろから

背面全体

再塗装アップ

右側面

右側面アップ

入荷時よりもだいぶ落せておりますが、少し黒ずみが残っております。

黒ずみ

シミ

シミ2

下部詳細

全景

~メンテナンス前の状態~

IMG_8793

 

IMG_8795

IMG_8796

IMG_8797

IMG_8798

IMG_8800

IMG_8802

IMG_8806

IMG_8808

IMG_8809

IMG_8811

IMG_8812

IMG_8829