60年代から作り続けている家具。暮らしにささやかな豊かさをプラス。

カリモク60

張り地・木部の詳細

カリモク60は、厳重な品質管理や検査をした製品です。末永くお使いいただけますよう、素材に応じたお手入れを行ってご使用ください。 3年保証書をお付けしていますので、修理が必要な場合にはご相談ください。安心して末永くご愛用いただくために、パーツ販売やアフターサービスも行っております。

ビニールレザー

 

スタンダードブラック

detail_01
手入れが比較的簡単で丈夫な合成皮革の中でも、最もスタンダードなビニールレザーです。Kチェアの誕生以来から改良を続け、現在もなお作られ続けています。味わいのある独特の艶は、カリモク60の製品の為に特別に作られています。

スタンダードキャメル

detail_05
スタンダードアイボリーと同じプロテインレザーですが、より一層本革に近い風合いを表現するために、クモプリントと呼ばれる汚し加工が施された合成皮革です。

スタンダードアイボリー

detail_02
プロテインレザーと呼ばれるもので、シルクのプロテイン成分を最新のテクノロジーにより混合させながら生成されます。より本革に近い風合いを持ちながら、さらっとした感覚が味わえる合成皮革です。

リーベルブラウン

detail_04
スタンダードアイボリーと同じプロテインレザーですが、より一層本革に近い風合いを表現するために、クモプリントと呼ばれる汚し加工が施された合成皮革です。


▲Topへ戻る

本革

ヴォルテライトブラウン

detail_01
本革「ヴォルテ」は革が本来持つ魅力をどれだけ引き出せるかにこだわり、ナチュラルマークを生かし、塗装を行わずに仕上げた従来の家具用革とは一線を画す商品です。インディゴ染めのデニムのように、人とともに時間を重ねることで生まれる変化をお楽しみいただけます。


▲Topへ戻る

ファブリック

 

モケットグリーン

detail_06
布地の中でも耐久性、耐摩耗性に優れており、電車やバスのシートなど、公共機関でも多く使われています。起毛による光の反射によって生まれる独特の光沢は古くから布の世界では王様的な存在とされています。(ポリエステル65.1%・アクリル28.4%・レーヨン6.5%)

フラノベージュ

detail_13
ウール繊維にはクリンプと呼ばれる縮れがあるおかげて多くの空気が含まれます。含まれた乾いた空気により、遮断性がもたらされるのです。ウールの張地を使用することで、冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごすことができます。また、ウールは抗菌機能や消臭機能を持っており、人に優しい繊維です。今回採用の「フラノベージュ」はウール繊維を織った後、何時間も大量の水で丹念に洗い流し、繊維同士を絡ませ合うという非常に手間の掛かる製法で作られており、一般的に「フラノウール」と呼ばれています。フェルト素材のような独特の風合いを醸し出しているのが特徴です。(ウール90%・ナイロン10%)

ミラノブラック

detail_12
ざっくり感のある平織り布地となっている為、モデルのデザインテイストを選ぶことなく、インテリアに馴染みます。上記のモケットグリーンと同じく、モケットパイルが含まれている為、耐摩擦性に優れた布地です。

ブルーノピンク

detail_14
桜の色相から6つの色糸を染め、それを織り込むことで複雑な色の彩をお楽しみいただけるようにしました。ショッキングピンクとは異なり、癒しや優しさを感じる色合いとなっています。また6つの色糸のうち、それぞれ2つずつの色糸を撚って織り込んでいくため、一般的な平織布地と比較して上質感を感じていただけます。色糸はモール糸でボリューム感があり、ポリエステル繊維のため耐久性も安定しています。(ポリエステル100%)

タープブルー

detail_11
椅子の張り地としては丈夫で風合いのある最もポピュラーな平織りで、当時使用されていた布地をモチーフに作られました。縦糸には黒い糸を使用し、横糸には微妙な光沢の入った青の糸を使用し、独特の風合いを表現しています。(アクリル79%・ウール21%)

ミストグレー

detail_03
一般的にポリエステルは、硬さを感じるタッチ感ですが、手触りの柔らかさがこの「ミストグレー」の特徴です。耐久性や耐色性に優れたポリエステル糸(100%)を使用しながらも、ファブリックの表情に、ウールの素材感を追求し再現しました。糸を製造する際に芯となる糸に、ふんわり感のある糸(綿のようなといいますか)を絡ませることで、産毛感のある柔らかな印象をもたせた構造になっています。張地に触ったときに柔らかな印象を与えます。織りに凹凸感を出すことで、ソフトな手触り感、高級感を感じていただけます。またツヤ感がなくマットな仕上がりと、繊細なミックス感のある色合いにより、天然繊維風にみえるのが特徴です。

タープグリーン

detail_07
椅子の張り地としては丈夫で風合いのある最もポピュラーな平織りで、当時使用されていた布地をモチーフに作られました。縦糸には黒い糸を使用し、横糸には微妙な光沢の入った緑の糸を使用し、独特の風合いを表現しています。

マスタードイエロー

detail_15

(ポリエステル100%)


▲Topへ戻る

ウッドタイプ

 

ラバートリー

detail_16
はっきりした木目がついておらず、プレーンな表面が特徴。天然木でありながらも比較的均一な木肌がそろいます。一般的にはゴムの木と呼ばれ、短い周期で栽培、生産できるため、「環境にやさしい木」とされています。

オーク

detail_17
オーク材は古くから家具や家の内装、扉などに幅広く活用され、King of Forest(森の王)と呼ばれています。木目が美しく耐久性も良いのが特徴です。磨くと重厚な光沢がでるので、使い込む程味わいが出ます。また、希少性のある柾目ですが、柾目を横断する虎斑(トラフ)が入ることがあります。トラフは、見る角度で光の屈折が変わる特徴があります。欧州ではとても価値ある木目としてトラフは好まれております。

ブナ

detail_18
ヨーロッパでは広義にビーチと呼ばれる木材の一種で、古くから家具用材料として使用されてきた素材です。木地は白っぽく、木目も細やかで優しく、軽く、自然な風合いをもつ木材として広く親しまれています。

チェリー

detail_19
木肌は緻密で表面の仕上がりは美しい。ブラックチェリー特有の味わい深い表情と形成するキャラクターとしてカスリと呼ばれる傷の組織の斑点やガムポケット(樹脂痕)が存在します。使い込むほどに上質感のある濃い飴色になり、なめらかで深い味わいのある美しさを増していきますが、反面露出した部分としていない部分があると色差がでます。


▲Topに戻る

ウッドカラー

 

マットブラック

detail_20

モカブラウン

detail_21

ウォールナット

detail_22

チェリーナチュラル

detail_23

ピュアビーチ

detail_24

カフェブラウン

detail_25

ダークウォールナット

detail_26

ヴィンテージチーク

detail_27

ナッツシェル

detail_027


▲Topへ戻る

お手入れ方法と注意点

ビニールレザー

日常のお手入れについて

日常は、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。隙間の埃は掃除機のノズルの狭いものをご使用いただき吸い取ってください。※化学ぞうきんなどは使用しないでください。
飲み物や食べ物の汚れがついた場合は、柔らかい布に中性洗剤を3~5%位に薄めたぬるま湯で硬く絞って拭き取ってください。そのあと水拭きで洗剤液を十分拭き取り乾拭きし十分自然乾燥させてください。
ビニール製品などを長時間重ねたままにすると、変色の原因になりますので注意してください。
汚れ落としやお手入れでベンジンやアルコール系などの溶剤が配合された物を使用しないでください。可塑剤の抽出や、化学物質の吸収により、表面艶変化・硬化・軟化の原因になります。
※整髪料・ウエットテッシュ・手洗い用の消毒液なども、変色原因になりますので注意してください。

取り扱い上の注意点について

汚れは早目にお手入れしてください。本革や生地等の染料を使用している異質の素材と接触させると、染料が移行して色移りが生じることがあります。色移りが生じてしまった場合は取り除くことができません。張地の張替えなどの修理を承ることができます。
汚れ落としやお手入れの際は、特に縫い合わせ部やキルト部針孔からの溶剤の浸透に注意してください。ビニールレザーの場合可塑剤の抽出による硬化、ひび割れ、剥離の原因となります。
ビニールレザーは他の樹脂製品と接触させると、可塑剤の移行により表面の艶変化・硬化・ひび割れ変形が生じることがあります。
ビニールレザーをストーブや暖房器具等の過度な熱源のそばに設置しないでください。表面艶変化・表面粘着・変形・変色・硬化の原因になります。
可塑剤とは・・・ある材料に柔軟性を与えたり、加工をしやすくするために添加する物質のことです。可塑剤は主に、塩ビを中心としたプラスチックを軟らかくするために用いられ、そのほとんどが酸とアルコールから合成される化合物(一般にエステルといわれるもの)です。

本革

日常のお手入れについて

日常は、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。
水分や油分などが付着するとシミになります。(シミになった場合は補修できません。)
必要に応じて専用オイルでの保革をお勧めします。年数に関係なく皮革表面のオイル感が無くなったと感じた場合に専用オイルをご使用ください。

取り扱い上の注意点について

表面の塗装膜がないため、同じ革の中でも色ムラがあり、ロットによる色のブレが発生します。
牛が生きていた頃の様々な傷などのナチュラルマークを含みます。
塗装膜がないため、通常のソファ用レザーに比べて傷がつきやすくなります。
日光による退色が起こります。(放っておいても退色していきますが、直射日光は避けてください。)
水分や油分などが付着するとシミになります。(シミになった場合は補修できません。)
色落ち、移染が起こります。
使用に際し、革が伸びる場合があります。

モケット・ファブリック

基本的なお手入れは合成皮革と同じですが、定期的に掃除機でゴミを吸い取るか、柔らかいブラシでブラッシングしてください。汚れが目立つ場合には、ぬるま湯で3~4%位に薄めた中性洗剤に布地を浸し、固く絞って汚れを拭き取ります。その後、洗剤分をよく拭き取り、柔らかい布で乾拭きをしてください。モケット地は毛の順目方向にそって拭きます。

木部

日常のお手入れは、柔らかい乾いた布で軽く拭いてください。※化学ぞうきんなどは使用しないでください。
万一汚れたときは柔らかい布に中性洗剤を3~5%位に薄めたぬるま湯で硬く絞って拭き取ってください。そのあと水拭きで洗剤液を十分拭き取り、乾拭きし、十分自然乾燥させてください。
水気のものをこぼしたら、柔らかい乾いた布で、すばやく拭き取って乾燥させてください。
※表面の塗装膜を薄く仕上げた商品があります。水分が木材の中に浸透し、表面の割れ・色落ちの恐れの原因になります。
木部の表面は、清潔に乾燥させておくことが大切です。

使用上のご注意

直射日光の当たる場所や冷暖房機のすぐ近くでご使用になりますと、乾燥して色があせる原因となります。また、湿度の高い場所でのご使用はカビの原因となります。

アフターサービス

安心して末永くご愛用いただくために、アフターサービス(有料)を充実。資格を有した専門技能者が、修理のご相談に応じます。お買い上げの販売店にご相談ください。

▲Topに戻る